レンズ

【作例付きレビュー】 SONY Eマウント用2Xテレコン SEL20TC 使い勝手の良いテレコン!

2018年6月20日

スポンサーリンク

私が所有しているレンズの中で、最も焦点距離の長いレンズはSEL70200GMである。しかし、200mmで撮影していて、もう少し焦点距離が欲しいこともある。

解決策は2つ。SEL100400GMかテレコンの購入だ。しかし、レンズの購入では予算をかなりオーバーするため、今回は2XテレコンSEL20TCを購入したので早速レビューしていこう。

対応レンズ

全てのレンズに使用できるわけではなく、限られたモデルのみで使用することができる。現時点で対応しているレンズは以下の2つ。

・FE 70-200mm F2.8 GM OSS(SEL70200GM)
・FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS(SEL100400GM)

残念ながら、SEL70200GやLA-EA4は後玉に接触する可能性があり、使用できないようである。詳しくはメーカーWebサイトを参照願いたい。

https://www.sony.jp/ichigan/products/SEL20TC/

外観

外箱


テレコン自体小さな商品であるため箱もちろんコンパクト。

スポンサーリンク

ソフトケース

箱を開けると、このようなソフトケースに収まった状態で出てくる。ソフトとは言っても、しっかりとした素材でできており、外側にはキャンバス地の硬い生地が使用されている。

これがなかなか良くできていて、バッグの中に放り込んでも問題無いくらいのレベルに仕上がっている。SEL70200GMを持って撮影に出かけるときには、必ずと行っていいほど一緒に持ち出している。

スポンサーリンク

ソフトケースを開いた状態。クッション材もしっかり入っており高級感がある。

スポンサーリンク

本体

レンズ側のキャップでには“マウントアダプターには装着できない”というニュアンスの絵が描いてある。

レンズ側のキャップを外した状態。対応していないレンズには、恐らくこれが干渉してしまうのだろう。

スポンサーリンク

こちらがカメラボディ側のキャップ。こちらは通常のレンズと変わらない構造。

カメラボディ側のキャップを外した状態。

スポンサーリンク

カメラ装着状態

α9にテレコン単体で装着した状態。この状態ではコンパクトな単焦点くらいのサイズ。

横から見ても、とてもコンパクトな印象は変わらない。

スポンサーリンク

レンズ装着状態

SEL70200GMに装着した状態。若干サイズが大きくなったかなというレベルであまり気にならない。重さもほとんど変わらないと言っていいレベルである。

テレコンを付けていない状態と比較してみよう。

 
全体的に見ても、個人的には装着することをためらうような変化ではないように感じている。テレコンをバッグに忍ばせておいて、焦点距離がもう少し欲しいと思った時に臆することなく使用できるサイズに収まっているのではないだろうか。

スペック

仕様

名称2X Teleconvertor
型名SEL20TC
レンズマウントSONY Eマウント
対応撮像画面サイズ35mmフルサイズ
レンズ構成5郡-8枚
外形寸法 最大径×長さ(mm)62.4×42.7(全長)、62.4×27.2(マウント基準)
質量207g

感心したのは軽さ。例えば、NIKONの2倍テレコン「TC-20E Ⅲ」が330gであるから、その差約130g。SEL20TCがいかに軽いかが分かる。

スポンサーリンク

特徴

焦点距離

言うまでもなくレンズの焦点距離を2倍にしてくれる。SEL70200GMに装着した場合焦点距離は140-400となる。

明るさ(F値)

2倍の焦点距離を得るのと引き換えにF値が2倍になってしまうのは致し方ない。SEL70200GMの場合は、F2.8通しのレンズであるため、テレコンの装着でF5.6通しとなる。

防塵防滴に配慮した設計

SONYはこのように言っているわけだが、配慮という文言が取れない限り厳しい環境での使用は避けたほうが良いかもしれない。

作例

先日近所の水辺へ試し撮りに行ったので、いくつか作例をご紹介しよう。


カメラ:α9 レンズ:SEL70200GM テレコン:SEL20TC  SS:1/4000 焦点距離:400mm ISO:400
鳥が着水する瞬間を撮影したもの。AFがよく追従しピントを外すことは殆どなかったことからも、テレコンを装着することによる犠牲はあまりない印象だった。

スポンサーリンク


カメラ:α9 レンズ:SEL70200GM テレコン:SEL20TC  SS:1/4000 焦点距離:400mm ISO:400
羽の質感までもがよく描写されている。描写性能も大きく落とさないというのは素晴らしい評価点だと感じている。

使用した感想

オートフォーカス性能

オートフォーカス性能の劣化を感じることは殆どなかった。動体にもよく追従するし、テレコンを装着していることをすっかり忘れるレベルだった。F値を確認した時にF5.6になっていて気付くといった感じだった。

描写性能

レンズ単体と比べると若干描写は落ちるが、ネガティブに感じるレベルではないと思う。焦点距離がもう少し欲しいときは、積極的に使用していくレベルに仕上がっている。

SONY RX0M2【機材紹介・レビュー】1インチセンサー搭載小型カメラ 

スポンサーリンク SONYから発売されている小型カメラ「RX0M2」を購入したので、ご紹介したい。このカメラ、サイズだけで判断するとアクションカメラに分類してしまいそうだが、搭載しているセンサーは1イ ...

続きを見る

GITZO GT1545Tレビュー【トラベラー三脚の最高峰はやっぱり良い!】

スポンサーリンク 今回、新たにGITZOのトラベラー三脚「GT1545T」を導入した。GITZOと言えば、イタリアの有名メーカーでカメラ好きなら誰もが知るメーカーだ。三脚の性能は折り紙付きで、一度使用 ...

続きを見る

【コスパ最高のストロボ】GODOX(ゴドックス) V860II S

ソニー純正のクリップオンストロボ「HVL-F45RM」については以前レビューしたが、HVL-F45RMのガイドナンバーは45なのでもう少し光量があるガイドナンバー60くらいのストロボが欲しいと思ってい ...

続きを見る

フェイユーテックα2000開封レビュー【ついに一眼用ジンバルを導入!】

仕事で映像制作を始めたこともあり、最近はα9やα7R3で動画撮影をすることが多い。三脚に固定した撮影において不便は無いのだが、手持ちでパンやチルトの動作を行うと手ブレのリスクが高くなる。しっかりとした ...

続きを見る

ライティングをレベルアップ!GODOXソフトボックス購入!

写真撮影に使われるライティングには様々な種類があり、目的も用途も多種多様である。今回は、ライティングの中でも割と手軽に手を出せる『ソフトボックス』を導入することにした。 ソフトボックスといえばカクタス ...

続きを見る

【超軽量でコンパクト!】king カーボンライトスタンド KCLS-01レビュー

スポンサーリンク 仕事で大量の機材を持ち運ぶんでいると道具一つ一つの重さとデカさが気になり始める。とは言っても、重くて大きくても仕方がない機材とそうでないものがある。例えば、個人的に三脚などはあまり小 ...

続きを見る

GODOX(ゴドックス)AD-S17レビュー!【ディフューザーで光の質を柔らかく!!】

スポンサーリンク 以前購入して愛用しているGODOXのモノブロックストロボ「AD200」用にアクセサリーを購入。AD200はスピードライトタイプと発光管タイプの2種類のヘッドが付属している。私が使用す ...

続きを見る

スポンサーリンク

-レンズ
-, ,

Copyright© カメラ系ブログ , 2020 All Rights Reserved.