カメラアクセサリー

【カメラバッグレビュー】冒険用品「どうぐかばん」の便利な使い方!

2018年7月12日

冒険用品の店で購入したどうぐかばんを使用して約一週間が過ぎた。基本的に素晴らしいバッグなのだが、不満点もある。その不満点を解消しようと試行錯誤した結果、更に素晴らしいカメラバッグへと変貌を遂げたのでご紹介したい。

どうぐかばんの不満点

iPad Pro10.5がすっぽりと収まらない

人によっては大した不満点ではないかもしれない。しかし、私にとってはかなり解消したい不満点だった。それは、iPad Pro10.5インチが収まらないことだ。以前の記事でお伝えしたとおり、バッグの中にiPad Pro10.5インチを横置きすることはできる。

【おすすめのカメラバッグ】冒険用品の「どうぐかばん」は素晴らしいカメラバッグだった!

このように、なんとかiPad Pro10.5インチを入れて持ち運ぶこともできるし、バッグから落ちる心配もない。しかし、他の荷物を取り出す時に必ずiPad Proを取り出す必要がある。それがスマートではないし、頻繁に荷物の出し入れをする状況においてはかなり煩わしい作業だ。

iPad Pro10.5インチは私にとって、必ず持ち歩きたいデバイスの一つだ。これがスマートに持ち運びできなければバッグとしての価値を疑ってしまうほどである。どうぐかばん自体のポテンシャルは素晴らしいので、ぜひこのiPad問題を改善したいと考えるようになった。

スポンサーリンク

そもそもiPad Pro10.5インチは収まるサイズなのか

これが確認できなければ元も子もない。

デフォルトの状態(バッグの中を仕切った状態)では、iPad Pro10.5インチをどうしたって収めることは出来ない。仕切りを外した状態ではどうだろうか。


仕切りをすべて取り払った状態では、iPad Pro10.5インチをすっぽり収納することができた。これでひとまず安心なのだが、この状態では仕切りを取り付けることが出来ない。仕切りはマジックテープで取り付ける仕組みになっているため、iPadがあると仕切りを取り付けることができない。

インナーバッグを入れて使う

インナーバッグの選定

どうぐかばんの内寸

横幅約25cm
高さ約15cm
奥行き約15cm

このサイズに合うインナーバッグがエツミのクッションボックスロング2だった。

クッションボックスロング2の内寸

横幅約27cm
高さ約18cm
奥行き約8cm

あくまでも内寸なのでどうぐかばんに収まる保証はないが、しなやかな革で出来ているので大丈夫だろう。

スポンサーリンク

エツミ クッションボックスロング2


こちらが購入したエツミ「クッションボックスロング2」

かっちりとした作りではないが、逆にバッグの中に入れるにはちょうどよい質感なのかもしれない。


仕切りはマジックテープタイプのものが2つ付属していて、自由に調節することができる。


実際に、どうぐかばんに入れてみた。やはり、少しはみ出してしまうが許容範囲内だろう。


なかなか良い具合に収まってくれている。


「クッションボックスロング2」を収納した状態で、全く問題無くバッグを閉じることができる。


「クッションボックスロング2」を入れても収納力は高い。iPad Pro10.5インチの収納も全く問題なし。


正面から。


横から。

まとめ

世の中にバッグは数多く存在するが、自分の使い方にマッチするものは多くない。しかし、自ら工夫すれば改善されることもある。

メーカーが提唱する使い方が、必ずしも自分にマッチするわけではないと改めて感じた。

thinkTANKphoto エアポートナビゲーター購入レビュー【機内持ち込み可能なカメラバッグ!】

 

-カメラアクセサリー
-, ,

Copyright© カメラ系ブログ , 2020 All Rights Reserved.