iPhone

iPhone Xs Max(256GB)を購入したのでレビュー

2018年10月11日

iphone 7 plusを2年間使用していて特に不満はなかったが、妻のiPhone7が壊滅的状態だったこともあり、私のiPhoneを買い替えて妻にお下がりとして提供することになった。買い換えるのはもちろん話題のiPhone Xsである。

今回のモデルはXs、Xs Max、XRなど種類が複数あって悩んだが、7plusを使用していて大画面に慣れている身としてはXs Max一択だったと言っても過言ではない。

購入したモデル

購入したのはiPhone Xs Maxのシルバー256GBである。容量は7Plusの時から256GBを使用していてほとんど使い切れていなかったが、64GBでは少ないので今回も256GBをチョイス。

これまではブラックを使ってきたが、今回はシルバーをチョイスした。ブラックを選んできた理由はディスプレイの前面がブラックだったから。今回はカラーに関係なくディスプレイ全面がブラックに統一されているため、単純に好きなカラーを選べるようになった。シルバーをチョイスしたがホワイトにしか見えない。

使ってみた感想

スペックはネット上の記事に溢れているのでここでは割愛したい。個人的にはハイスペックを要するゲームをするわけでもないため、スマホのスペックなどには全く興味がない。「気持ちよく使えるかどうか」全てはこれに掛かっている。ということで、個人的な感想を簡単にレビューしていきたい。

デザインが美しい

7Plusとは全く違うデザインに仕上がっており、高級感が一気にアップした。特に周りが鏡面加工のステンレス仕様になっていることが高級感アップに大きく寄与している。指紋が付きやすいので頻繁に拭き取る必要があるが、全く苦にならないほど美しいデザインである。

液晶がとにかくきれい

Super Retinaと呼ばれているOLED液晶はとにかく美しい。7Plusの液晶でも十分満足していたのだが、更に発色が良く、美しく見やすくなった。

映画鑑賞に最適

これまで映画鑑賞はiPadで行っていたが、iPhone Xs Maxを手に入れてからはもっぱらiPhoneで視聴している。とりわけ素晴らしいのは黒の表現である。寝る前に見ることが多い私は、暗い部屋での視聴が多いので黒の表現には敏感である。

画面比率が映画に最適

上記の写真はプライム・ビデオで視聴している写真である。通常の画面比率だと少し小さく感じる。

先程の状態から画面をダブルタップすると拡大表示することができるのだが、切れてしまう部分も少なく字幕もしっかりと見ることができるため常に拡大表示で見ることができる。Xs Maxの画面をフルで使って視聴するのとiPadで視聴するのとでは、画面の大きさにあまり差を感じないと個人的には感じている。従って液晶のきれいなiPhoneでばかり視聴してしまうというわけである。

まとめ

あまりスマホをフル活用しない私であるが、今回iPhone Xs Maxにした恩恵は大きかった。液晶の進化がこれほどまでに満足度を高めてくれるとは思わなかった。ということで今回は敢えて王道のレビューから外して完全に個人的な用途に限ったレビューにしてみたが、少しでも誰かの参考になれば幸いである。

MacBook Pro2017のキーボードから異音が発生したのでサポートへ電話した結果。。。

【実践レポート】iMac Retinaディスプレイのキャリブレーション

写真用途としてのiMac Retina 5K 27インチモデル

MacBook Pro13インチを学割で購入!

-iPhone
-, ,

Copyright© カメラ系ブログ , 2020 All Rights Reserved.