カメラアクセサリー

SAMSUNG ポータブルSSD T5をカメラマンが導入してみた感想

投稿日:

スポンサーリンク

写真撮影を生業とするうえで切っても切り離せないストレージ問題。撮影〜現像までのワークフローや、一定期間データを保管するための資源の確保などは悩ましいところである。今回は、撮影から保管までの作業効率改善を目的として、巷で話題のポータブルSSD「SAMSUNG T5」を導入したのでご紹介したいと思う。

これまでの環境

撮影

撮影に使用する機材は、SONYのα9とα7RⅢである。どちらもSDカードのダブルスロットを備えており、基本的にはRAWデータを同時に書き込む設定で撮影している。

撮影データ取込・編集・保管

以前の記事でご紹介したが、メインで使用しているiMacにはRAID1で構築した外付けHDDを接続しているので、SDカードのRAWデータをiMacからLightroom経由で外付けHDDにコピーを行っている。

写真データ保存用に外付けHDD導入&ラトックシステムのRAIDケースでRAID1(ミラーリング)環境を構築!!

写真を長年撮り続けていると大量のデータが蓄積される。しかも最近のカメラは高画素化が進んでいるので尚更だ。私のメインPCであるiMac5K 27インチモデルは512GBのSSDを搭載しているが、写真を保 ...

続きを見る

基本的にはPC本体にはデータを一切置かず、編集から保管まで外付けHDD上で行っている。RAID1構成となっているためデータ破損のリスクも低く、安心して作業できる環境ではある。

現状に対する不満点

データの持ち運び

外付けHDDで編集〜保管まで行っているため、作業場所が限られる。外出先で作業をしたい時はMacBook Proへ一時的にコピーするなどの対応が必要だったので不便を感じていた。

また、移動時間が長い場合は移動中にLightroomへの取込などを行いたいのだが、自宅に戻ってからしか作業ができない点も問題の一つである。

アクセス速度の遅さ

外付けHDDという選択をしたため、内蔵SSDに比べてアクセス速度が犠牲になるのは承知のうえである。Lightroomの作業だけであればそれほど不満も無かったかもしれないが、Premiere Proなどを使用する場合は、その遅さがじわじわとストレスとなって襲いかかる。

SAMSUNG T5を購入

これまで述べた問題点を解消してくれるのがポータブルSSDの導入であると考えた。仕事で使用する以上、信頼性の高い機材である必要がある。現時点で信頼性の高いポータブルSSDといえば、SAMSUNG T5ではないかということで早速1TBのT5を購入した。

驚くほど軽量・コンパクト

2.5インチのポータブルHDDと比較するとこのサイズ感。厚みは約1センチ程度なので、胸ポケットにも余裕で収まるサイズである。

驚くのはその軽さで、なんと約50gしかないのである。胸ポケットに入れていると入れたことすら忘れてしまいそうな軽さ。

ちなみにポータブルHDDは224.1g。

約50gにピンとこない方のために補足すると約50gとは、消しゴムとボールペンほどの重さと言えばわかりやすいだろう。

インターフェースはUSB-Cのみ

USB-Cのみのインターフェース。MacBook Proとの相性も良く特に不満を感じていない。

使用した感想

アクセス速度も早く快適

内蔵SSDと殆ど変わらないほどの速度感で、使っていてストレスを感じることは全く無い。LightroomやPremiere Proで使用しているが、HDDと比較にならないほどの作業効率アップを実現することができた。これまでメインで使用していた外付けHDDはバックアップ専用として運用することにしている。

場所を選ばず作業できる

メインのストレージがT5になったことで、iMacとMacBook Proの両方でシームレスな作業を行うことができている。iMacで行っていた作業を中断し、T5のみMacBook Proに接続することですぐに作業の続きを開始することができるのである。

帰宅するまでの移動時間を利用して、MacBook Proで取込まで完了して続きをiMacで行うといったこともできるので、時間の節約にも貢献してくれる。

これは、ポータブルHDDでは実現できなかったことだ。厳密に言えばできなくはないが、アクセス速度の遅さやポータブルHDDのサイズや重量を考えると積極的に実行しようとは思わなかった。これがT5になることで、全く苦にならないのである。

まとめ

徐々に価格は下がってきて入るものの、ポータブルHDDはに比べるとまだまだ割高感があるポータブルSSD。しかし、その価格差を払ってでも手に入れるべき機材であると私は考えている。作業効率のアップや時間短縮が見込めることで生産性を上げることができる。その価格差はすぐに取り戻せるほどのメリットがあると言っても過言ではない。

スポンサーリンク

GITZO GT1545Tレビュー【トラベラー三脚の最高峰はやっぱり良い!】

スポンサーリンク 今回、新たにGITZOのトラベラー三脚「GT1545T」を導入した。GITZOと言えば、イタリアの有名メーカーでカメラ好きなら誰もが知るメーカーだ。三脚の性能は折り紙付きで、一度使用 ...

続きを見る

GODOX AK-R1とS-R1をレビュー【クリップオンストロボにも!!】 

GODOXから発売されている「AK-R1」というアクセサリーを購入したのでご紹介したいと思う。AK-R1はH200R用のアクセサリーで、H200Rのラウンドフラッシュ専用設計になっており、マグネットで ...

続きを見る

GODOX LED ライトレビュー【動画だけでなく物撮りにも便利!】 

物撮りを行うときのライティングといえば、ストロボにソフトボックスなどを合わせて。。。というのが一般的で良い写真が撮れるのは間違いない。私自身もそのようにしてきたが、いかんせんセッティングがめんどくさい ...

続きを見る

SONY α9を仕事で一年使って感じる不満点など

SONYのα9を購入してから一年以上が経過した。 最初に言っておきたいこと、それは「α9というカメラは素晴らしいカメラである」ということ。α9が無かったら撮れなかった写真も多くあるし、素晴らしい性能に ...

続きを見る

【SONY SEL1224G レビュー】圧倒的超広角に驚き。。

スポンサーリンク SONYのEマウント用レンズを1本追加した。「SEL1224G」である。まずは、追加した経緯を説明しておこう。私は現在写真撮影を生業としているのだが、撮影ジャンルを限定していないこと ...

続きを見る

GODOX(ゴドックス)H200R レビュー【光の質に大満足】

スポンサーリンク 出張撮影には必ずと行っていいほど持っていくGODOXのAD200。普段の使い方としては、フラッシュチューブヘッドにキノコ型のディフューザー「AD-S17」をかぶせた状態でアンブレラ等 ...

続きを見る

-カメラアクセサリー
-, ,

Copyright© カメラ系ブログ , 2019 All Rights Reserved.