レンズ 写真

SEL20TCとSEL70200GMでサッカー撮影をしたのでレビュー

投稿日:2019年2月4日 更新日:

スポンサーリンク

私は普段出張カメラマンとして活動している。スポーツの撮影依頼が来る場合の使用機材は、α9をメインにSEL70200GMとテレコンSEL20TCの組み合わせが最も多い。先日も社会人サッカーの試合を撮影する機会をいただき、SEL70200GMとSEL20TCの組み合わせで撮影したので、レビューと作例をいくつかご紹介したい。

レンズとテレコンの組み合わせを再確認

この組み合わせに慣れているせいか、それほど大きいと感じることはない。重さについても、三脚や一脚の使用を前提とすれば全く気になるレベルではない。手持ちでも撮影できなくはないが、長時間の撮影は正直つらい。ましてやサッカーの試合ともなれば、前後半手持ちで撮影することはかなり厳しいのではないだろうか。

スポンサーリンク

三脚の使用はマスト

今回の撮影も、Manfrottoのトラベル三脚に固定した状態で行った。トラベル三脚を選択した理由は、軽くて動きやすいから。通常はManfrottoの055を使用するが、サッカーの撮影はポジションを変えて撮影することが多く、重い三脚では動くのをためらってしまうという事になりかねない。従って、安定感は若干落ちるが、機動性を重視したトラベル三脚を使用している。

撮影した感想と作例

数回この組み合わせで撮影して気づいたことがある。トラベル三脚は軽くて動きやすいが、動きの激しいサッカーを撮影する際に三脚の脚が邪魔になってしまう。これは恐らく一脚にすることで解決するだろうから、次のサッカー撮影依頼が来たときにでも一脚を購入することにしよう。

作例

焦点距離:400mm ISO:500 絞り:f6.3 シャッタースピード:1/1600

2倍のテレコンを装着すると、絞りが単純に2倍になってしまうのでSEL70200GMの場合はF5.6が開放となる。しかし、テレコン装着状態の開放だと描写が若干甘くなってしまうので、f6.3で撮影することが多い。テレコンを使用している割には画質が良いと言ってもいいのではないかと感じている。

焦点距離:210mm ISO:400 絞り:f6.3 シャッタースピード:1/1600

焦点距離:352mm ISO:1250 絞り:f6.3 シャッタースピード:1/1600

ISOが1000を超えてくるあたりからノイズが目立ち始める。それでもソフトで処理できる許容範囲内であるため、Photoshopでノイズ除去を行えば全く問題ないレベルまで落とせると考えている。

まとめ

全体的に、良好な結果を得られ依頼主にも満足してもらえる写真を量産することができた。しかし、サッカー撮影となるとやはり400mmでも短いと感じるシーンも多かったのも事実。α9の機能の一つである「APS-C/Super 35mm」モードを使用するのも一つの手段かもしれないと考えて実際の撮影を行った。この機能を使用すると画角がAPS-Cとなるため、約1.5倍の焦点距離を稼ぐことができる。すなわち、400mmのレンズを約600mmとして使用することができるのだ。これを実際に使ってみて感じたことは、「画質の低下が著しい」ということである。個人的には仕事で使うには耐えない画質だと感じた。これはあくまでも最終的な手段として使用するにとどめたほうが良いかもしれない。

サッカーの撮影はFORPIXへ

スポンサーリンク

SIRUI 自由雲台 K-30Xレビュー【全てがシルキーな動き】

スポンサーリンク ココ最近メインで使用している三脚はManfrottoのアルミ三脚で「MK055XPRO3」というモデルである。3Way雲台が付属したモデルを購入したのでしばらくはこの雲台を使用してい ...

続きを見る

SONY TOUGH(タフ)SDカード購入レビュー SF-G64T

スポンサーリンク どんな高価なレンズ、高価なカメラよりも重要だと考えているものがある。それは、SDカードやCFカードなどの書込媒体である。豪華な機材を使用して撮影することができた素晴らしい写真も、書込 ...

続きを見る

【SONY SEL1224G レビュー】圧倒的超広角に驚き。。

スポンサーリンク SONYのEマウント用レンズを1本追加した。「SEL1224G」である。まずは、追加した経緯を説明しておこう。私は現在写真撮影を生業としているのだが、撮影ジャンルを限定していないこと ...

続きを見る

【携帯性抜群のモノブロックストロボ】GODOX(ゴドックス)AD200 レビュー!

スポンサーリンク 今回は照明機材「モノブロックストロボ」を新たに導入したのでご紹介したい。普段の撮影で使用するストロボはGODOXのV860Ⅱをメインにとして、ソニー純正のHVL-F45RMについては ...

続きを見る

重くてデカイが安心感は半端ない!【Manfrotto プロ三脚 055 アルミ3段】MK055XPRO3レビュー

スポンサーリンク 夜景などの風景写真に欠かせないのが三脚。これまでは持ち運びを重視して、マンフロットのトラベル三脚 “Befree” を使用してきた。 Manfrotto コンパクト三脚 Befree ...

続きを見る

-レンズ, 写真
-, ,

Copyright© カメラ系ブログ , 2019 All Rights Reserved.