カメラアクセサリー

SEL85F18用にNeewerのNDフィルターセットを購入したら大正解だった!

2018年7月26日

SONY FE 85mm F1.8(SEL85F18)は私の中でポートレート用レンズの位置づけである。このレンズを使用してポートレートを撮る際はF1.8の開放で撮りたいところだが、日中の太陽が照りつける状況では絞らざるを得ないシチュエーションも想定される。

そこで、今回SEL85F18用にNDフィルターを導入してみることにした。高級なフィルターではなく、Amazonで安価で購入できるNeewer(ニューワー)というブランドのもの。

購入したNDフィルター

SEL85F18のフィルター径は67mmである。今回購入したのは、ND2、4、8、16の4枚がセットになった商品だ。価格も約1,400円と非常に安い。

4枚セットでこの価格とは、中国企業の力は恐ろしい。それに加えて、フィルターケースやクリーニングキットも付属しているなんて、原価はいったいいくらなのだろうか。

Neewerとは

Neewerは中国の深セン市に本社を置くカメラアクセサリーの会社である。発足は2010年で、主にライティング関係のカメラアクセサリーが多いようだ。驚くべきはその価格で、他社の製品を価格で圧倒している。個人的には品質もそこそこ良いので、コストパフォーマンスは良いと思っている。

詳しくはNeewerのWebサイトを参照願いたい。(英語)

https://neewer.com

スポンサーリンク

フィルターの外観

今回購入したNeewerのフィルターは、あまり薄型ではない。実際にレンズに付けた状態はこのような感じ。

底まで気になるレベルでも無さそうだ。

HAKUBAのレンズ保護フィルターと比較しても、若干厚みがある程度なので実用的にもなんら問題は無い。

このように、HAKUBAのレンズ保護フィルターと重ね付けすることも出来る。もちろん、この状態でフードとレンズカバーを装着することもできる。

実写テスト

いくら安いとはいえ、しっかりと機能してくれなければ意味がない。NDフィルターが担う役割を全うしてくれるのか検証してみよう。

撮影環境日中室内
カメラα7RIII
レンズSEL85F18
焦点距離85mm
シャッタースピード1/100
絞り1.8
ISOAUTO

上記の撮影条件で撮影する。日中の室内に入る自然光のみで撮影しているため、多少の環境変化が生じることを考慮していただきたい。

シャッタースピードと絞りについては固定して、NDフィルターを装着することによってISOがどのように変化するか確認していくのが目的だ。また、画質や色味なども同時にチェックしていきたい。

ホワイトバランスに関しては、NDフィルターを装着する前にグレーカードを使用してカスタム設定した設定値を使用した。ホワイトバランスのカスタム設定に関しては別記事で書いているのでそちらを参照願いたい。

SONY αシリーズでホワイトバランスをカスタム設定する方法!

NDフィルターなしで撮影

F値:1.8 シャッタースピード:1/100 ISO:100

NDフィルター無しの状態で撮影した写真。ISOは100が自動設定された。この写真の色味がデフォルトだと思って以降の写真を見ていただきたい。

スポンサーリンク

ND2を装着して撮影

F値:1.8 シャッタースピード:1/100 ISO:200

ND2を装着することによって光の量は1/2になる。ということはISOが一段上がるのだが、理論通りISOが200に上がった。今の所解像度や色味に変化はなくまだまだ実用域である。

ND4を装着して撮影

F値:1.8 シャッタースピード:1/100 ISO:320

理論上はISOが400になるはずのところ1/3段ずれて320だったが、これは誤差の範囲だろう。色が若干青みがかってきたような気がするがまだ許容範囲内である。

ND8を装着して撮影

F値:1.8 シャッタースピード:1/100 ISO:800

ISOは理論通り3段上がって800となった。NDフィルターの数値が上がることに色が青みがかってくる事がわかる。とはいっても、再度ホワイトバランスのカスタム設定をすればいいだけのことなので、全く問題ではない。

スポンサーリンク

ND16を装着して撮影

F値:1.8 シャッタースピード:1/100 ISO:1250

最後のND16はISOが理論値と1/3段ずれた。最後は色味が大きく変わっているのが分かる。ちなみに、この状態でホワイトバランスのカスタム設定をやり直してみよう。

まともなホワイトバランスに戻ってくれた。

まとめ

NDフィルターは光の量をコントロールすることが一番の目的である。今回購入したNeewerのNDフィルターはその点しっかりと仕事をしてくれていると言っていいだろう。

色味に関しては、ホワイトバランスでコントロールすれば良いだけだし、著しい解像度の劣化などは見られなかったので、コストパフォーマンスはかなり高いと言える。

かなりおすすめのNDフィルターだ。

 

 

-カメラアクセサリー
-, ,

Copyright© カメラ系ブログ , 2020 All Rights Reserved.