レンズ

【レビュー】SONY FE 85mm F1.8(SEL85F18)コストパフォーマンス最高!

2018年6月23日

85mmと言う画角は、ポートレートにも重宝するしスナップだってこなすことができる。手軽な単焦点の85mmがほしいと考え、「FE85mm F1.8(SEL85F18)」を購入したので、早速レビューしていこう。

価格情報

2017年3月に発売
メーカー希望小売価格(税別):¥74,000

実売で¥56,000前後(2018年6月現在)というのは手の出しやすい価格でとても好印象である。これで写りが良ければ最高である。

ところで、SONY純正のEマウントの単焦点レンズには85mmがもう一種類ある。SEL85F14GMというモデルで、最高峰Gマスターレンズである。Gマークが眩しい。

実売で約¥180,000
明るさがF1.8からF1.4になると3倍以上も変わってしまう。。。。単純に明るさだけの価格差ではないと思うがこの価格にはなかなか手が出ない。

外観


しっかりとコストカットされた至ってシンプルな箱。所有欲を満たしてくれることに期待しないほうが良いかもしれない。もちろんキャリングケースは付属しない。巾着のようなケースをおまけ程度に付属されるくらいなら、自分でお気に入りのケースを買ったほうがいいだろう。

レンズ単体

フォーカスリングは金属製で、感触もなかなか滑らかで悪くはない。

この手の低価格レンズはマウント部がプラスチックになりがちだが、こちらのレンズはしっかりと金属で出来ている。

フードを付けた状態。

スポンサーリンク

カメラに装着した状態

α9に装着した状態。シンプルでよくまとまっていてとにかく軽い。この軽さはかなりアドバンテージで、スナップなどに持ち歩きたくなるサイズ感と重さに仕上がっている。これを街に持ち出し写真を撮りたい衝動に駆られてしまうレンズだ。85mmなのでスナップには若干長いかもしれないが、そこは足で調整すれば良いだろう。

この価格帯でフォーカスホールドボタンが装備されていることは評価すべきポイントだろう。85mmはポートレートに重宝するため、瞳AFを割り当ててる者としてこのボタンはありがたい。

スペック

同じ焦点距離のSEL85F14GMと比較

項目SEL85F18SEL85F14GM
焦点距離85mm85mm
明るさF1.8F1.4
対応フォーマットフルサイズフルサイズ
最小絞りF22F16
レンズ構成8郡9枚8郡11枚
コーティングナノARコーティング
フィルター径67mm77mm
最短撮影距離0.8mAF:0.85m、MF:0.8m
最大撮影倍率0.130.12
手ぶれ補正--
絞り羽根枚数9枚11枚
最大径 × 全長78mm × 82mm89.5mm × 107.5mm
重量371g820g

価格もさることながらスペックも大きく違う。GMレンズは絞り羽根が11枚もあるためキレイなボケが期待できる。SEL85F18は特筆すべきスペックではないものの、軽さと小さなサイズが最も大きな魅力ではないだろうか。

まとめ

個人的な主観だが、写りも良いしコストパフォーマンスはかなりいい部類のレンズだと感じた。この手のレンズは比較的写りが良いと評判になることが多いが、メーカーとしてもレンズ沼への撒き餌に使うからには、絶妙なバランスに仕上げる必要があるのだろう。近々αアカデミー銀座校でポートレート撮影の講義を受けるので、このレンズを持ち込んでみたい。

詳細は後日報告予定。

GITZO GT1545Tレビュー【トラベラー三脚の最高峰はやっぱり良い!】

スポンサーリンク 今回、新たにGITZOのトラベラー三脚「GT1545T」を導入した。GITZOと言えば、イタリアの有名メーカーでカメラ好きなら誰もが知るメーカーだ。三脚の性能は折り紙付きで、一度使用 ...

続きを見る

【SONY SEL1224G レビュー】圧倒的超広角に驚き。。

スポンサーリンク SONYのEマウント用レンズを1本追加した。「SEL1224G」である。まずは、追加した経緯を説明しておこう。私は現在写真撮影を生業としているのだが、撮影ジャンルを限定していないこと ...

続きを見る

-レンズ
-, , , ,

Copyright© カメラ系ブログ , 2020 All Rights Reserved.