カメラアクセサリー

SIRUI 自由雲台 K-30Xレビュー【全てがシルキーな動き】

投稿日:2019年1月24日 更新日:

スポンサーリンク

ココ最近メインで使用している三脚はManfrottoのアルミ三脚で「MK055XPRO3」というモデルである。3Way雲台が付属したモデルを購入したのでしばらくはこの雲台を使用していたが、重くてデカイことに苦痛を感じ始めていた。しっかりと水平も出せるし、微調整も可能なので重宝しているが、そこまでの調整が必要ない撮影もあるため、コンパクトで性能の良い自由雲台を購入することにした。

というわけで、今回購入したのはSIRUIの自由雲台「K-30X」というモデル。

AmazonやYouTubeなどでのレビューで評価が高いモデルである。SIRUIは中国メーカーであるが、中国製と聞いて不安を覚えたのはもはや過去の話である。私は、ライティングの機材でも中国メーカーのGODOX製品を愛用しており、中国メーカーに対する信用度は割と高い。

従って、今回もなんの抵抗もなく中国メーカーの製品に手を出すことができた。一応補足しておくと、買えることならヨーロッパの一流メーカー製品が欲しい。デザインも秀逸で性能も間違いないがとにかく高額。現状はコストパフォーマンスを求める他ないのである。

K-30Xのスペック

まずはK-30Xのスペックを確認しておこう。

ボール直径44mm
全高108mm
重量0.56kg
最大搭載荷重30kg
クイックシューサイズ70✕60✕10.8mm
ベース経60mm
雲台取り付けネジ3/8インチ

ハイエンドと謳うだけあって最大積載荷重は30kgもある。ボールサイズも申し分ないし、普段使っているManfrottoの3way雲台に迫る使い勝手を実現できそうだ。3wayと比べてしまうと当たり前だが、サイズが小さくなったのと、重量が約半分に減ったことが何より嬉しい。

外観チェック

しっかりとした立派な箱に収まっている。

スポンサーリンク

このようなポーチも付属しており、ハイエンド感を演出している。

こちらは付属品。個人的に驚いたのは、日本語説明書が付属している点。その他六角レンチと3/8↔1/4の変換ネジなどが付属。

ボールのフリクションをコントロールするツマミには、数字が刻まれており段階的にボールの動き具合を変更することができる。動きも非常に滑らかで、触れば質感の高さと工作精度の高さがすぐに分かる。

この雲台には「フリクションメモリー機能」という便利な機能がある。これは、重量のある機材を載せたときにボールが動きすぎるのを防ぐための機能である。適度な位置で写真のネジを矢印方向に締めることで、それ以上フリクションが緩まないようにすることができる。

スポンサーリンク

上部とサイド部分には水平器が備わっている。赤いボタンはクイックシューを緩めたときに、誤って滑り落ちないためのロック解除ボタンである。

こちらはクイックシュー。この形状から察しがつく方もいらっしゃると思うが、アルカスイス互換である。

三脚に付けてみる

ベース経が60mmなので、Manfrottoの055とぴったりなのは分かりきっている。今回は、同じくManfrottoのbefreeへ取り付けてみることにした。befreeと言えば、今でこそモデルチェンジして雲台が使いやすくなったが、私の所有するモデルは雲台が非常に使いづらい。

まずはbefreeに付属の自由雲台。重めもレンズを付けてしまうと、しっかりと締め付けても画角が微妙に変わってしまう。シビアな撮影では使いづらい雲台だ。今回はこの使いづらい雲台を外して、SIRUIのK-30Xに取り替えてみよう。

雲台を比較すると違いが明らかになる。トラベル三脚の雲台なので仕方ないが、もう少し安心感のある雲台がほしかったところ。

スポンサーリンク

三脚側のベース経が明らかに小さいが、思ったほど違和感はない。それよりも、この安心感は予想以上に好印象だ。

アルカスイス互換ということで、SmallRigのグリップを付けたα9を載せてみる。ビジュアル的にもカッコいい。

もちろん縦位置も可能。

Eマウントでは割と思い部類に入る「SEL2470GM」を付けた状態で、この角度にしても全く問題ない。

まとめ

今回、SIRUIの製品を初めて購入したが、良い意味で期待を裏切られた。質感が高いというのは事前に他者のレビューなどで把握していたが、ここまで良い製品だとは思っていなかった。自由雲台のKシリーズには私が購入したK-30Xを含めて、K-40X〜K-10Xの4種類がラインナップされている。ヨンニッパなどの超重量級レンズでも使わない限り、K-30Xはベストチョイスだったと感じている。

SIRUIはカーボン三脚なども豊富にラインナップしており、その価格はヨーロッパ製品と比較してかなりリーズナブル。今後はSIRUI製品の虜になりそうだ。

ホームページ写真の出張撮影はFORPIXへ

スポンサーリンク

GODOX LED ライトレビュー【動画だけでなく物撮りにも便利!】 

物撮りを行うときのライティングといえば、ストロボにソフトボックスなどを合わせて。。。というのが一般的で良い写真が撮れるのは間違いない。私自身もそのようにしてきたが、いかんせんセッティングがめんどくさい ...

続きを見る

SONY α9を仕事で一年使って感じる不満点など

SONYのα9を購入してから一年以上が経過した。 最初に言っておきたいこと、それは「α9というカメラは素晴らしいカメラである」ということ。α9が無かったら撮れなかった写真も多くあるし、素晴らしい性能に ...

続きを見る

【SONY SEL1224G レビュー】圧倒的超広角に驚き。。

スポンサーリンク SONYのEマウント用レンズを1本追加した。「SEL1224G」である。まずは、追加した経緯を説明しておこう。私は現在写真撮影を生業としているのだが、撮影ジャンルを限定していないこと ...

続きを見る

GODOX(ゴドックス)H200R レビュー【光の質に大満足】

スポンサーリンク 出張撮影には必ずと行っていいほど持っていくGODOXのAD200。普段の使い方としては、フラッシュチューブヘッドにキノコ型のディフューザー「AD-S17」をかぶせた状態でアンブレラ等 ...

続きを見る

-カメラアクセサリー
-, , ,

Copyright© カメラ系ブログ , 2019 All Rights Reserved.